迷わせない!Webデザイナーが使うべきタイプ別レンタルサーバー2選

レンタルサーバーを契約する時、どこのレンタルサーバーを使うか迷いませんか?数多くあるレンタルサーバーのサービスはどこも費用・性能とも似たりよったりですので、Webデザイナーの著者が選びました。
この記事を読むことでレンタルサーバー選びに悩む時間を省きWeb制作スキルアップに時間を宛てることができます。

タイプ別に選ぶレンタルサーバーは2つ

Webデザイナー初学者、現役Webデザイナー問わずサーバーを扱うことは必然です

サーバーの使用は、Webデザイナー初学者であればサーバーにアップするための練習やフィードバックを貰うための公開に、そして現役Webデザイナーであれば、自分のポートフォリオや副業のプライベートワークなどにサーバーを使います

上記のような個人でサーバーを使用するためにはレンタルサーバーに契約して使用していきますが、各企業がレンタルサーバーのサービスをやっており、複数あるレンタルサーバーの中からどの企業のレンタルサーバーを契約するのか選択に悩むと思います。

当サイトでは、下記の2つのレンタルサーバーをタイプ別に推奨しています。

上記の「ロリポップ!」と「エックスサーバー」のサービスの特徴とおすすめのプランを解説します。

ロリポップ!(Webデザイン初学者向け)

ロリポップ!

「業界最安」なので手軽に試せる

ロリポップ!のおすすめプラン「ハイスピード」が月額550円~(税込)と各社レンタルサーバーの中で別格な安さで提供しています
それ以外にも月額220円~(税込)のプランもありますが、十分にWebサイト制作で十分に使えますので、初めてサーバーを使うWebデザイン初学者にとってぴったりのレンタルサーバーといえます

これ以上、Webデザイン初学者に適したレンタルサーバーは他には無いと言い切れてしまうのが魅力です

「管理画面」が優しい設計で使いやすい

レンタルサーバーに契約ができたらすぐ使えるわけではありません。
管理画面を使ってサイトを表示させる設定、後述しますがドメインの設定など少し難しい作業が発生します。

ロリポップ!では、操作する管理画面が非常にポップで見やすく、操作しやすい設計になっています。

初めての人にも理解しやすい管理画面になっていますのでWebデザイン初学者も簡単に操作できます。

選択基準の「無料の独自SSL機能」がある

レンタルサーバー選択の必要条件と考えるSSL機能が無料で使用できます。

SSL機能とは、Webサイト全体をデータに暗号化して送受信するセキュリティ機能のことでURLの「http」が「https」になった状態のものになります
SSL機能を対応しないとセキュリティ面からもSEO対策からもマイナスになるので必ずSSL機能は必須です。

高額費用をかけてSSL機能を付けることも可能ですが、レンタルサーバーが無料で提供してもらえる点はレンタルサーバーの選択基準といえます。

おすすめのプラン「ハイスピード」

おすすめのプランは「ハイスピード」で簡易な仕様は下記の通り。

プラン ハイスピード
月額 550円(税込)(長期契約した場合)
初期費用 無料
WordPress簡単インストール 可能
無料独自SSL機能 可能
その他特徴
  • WordPressなどに相性を重視した最高速Webサーバー「LiteSpeed」を搭載
  • 12か月以上の契約期間での契約をするとドメインの新規取得・更新が無料になる

この「ハイスピード」プランのみ初期費用が無料なのではじめやすいのが魅力です。

ドメインがずっと無料

エックスサーバー(Webデザイン経験者向け)

エックスサーバー

「動作・表示を高速化」でサイト価値を生む

ブログなど長期で運営していくと画像の蓄積などにサーバーに負荷がかかり表示など遅くなっていきます。

表示が遅くなってしまうことでユーザーに対して精神的なストレスがかかり、すぐ離脱されてしまいます。また、SEOの評価指標のひとつに表示速度がありますのでサイトの表示が遅くなることでサイト価値を下げてしまいます

サイト表示の高速化がサイト価値をあげるので動作・表示を高速化が可能なエックスサーバーを使うことをおすすめしています。

著者も他社レンタルサーバーからエックスサーバー乗り換えた経験から体感的に速くなったと実感しました。

アクセス集中時も「サイト安定表示」で不安なし

自分自身で制作したサービスやブログ記事がもしかしたらバズる機会があるかもしれません。
その時に、サイトが安定していないと表示エラーとなってせっかくのサービスや記事をユーザーに見てもらうことができません

著者も一度、記事がバズったときがあり表示エラーになってしまう経験をしたことがありました。
まさか自分のサイトが、、と油断をしていると大変なことになります。

ユーザーがサイトにせっかく訪れてくれたのに表示エラーになっていることがユーザーの満足度を下げ、サイトの価値も下げてしますので常にサイトが安定することが大事です。

選択基準の「無料の独自SSL機能」がある

「ロリポップ!」のところでも記載していますが、無料の独自SSL機能がありますので契約したその日からすぐ設定することが可能です。

おすすめのプラン「スタンダード」

おすすめのプランは「スタンダード」で簡易な仕様は下記の通り。

プラン スタンダード
月額 990円(税込)(長期契約した場合)
初期費用 3,300円(税込)
WordPress簡単インストール 可能
無料独自SSL機能 可能
その他特徴
  • サーバーデータを毎日自動で保存し、一定期間データを保持する「自動バックアップ」が無料機能

現在このサイトはエックスサーバーの「スタンダード」を使用していますし、著者がWebディレクターとしてやっているときに中小企業のサイト構築時にはエックスサーバーを提案して使ってもらっているほど、堅牢堅固という印象があります。

11/4(木)まで!30%キャッシュバック

ドメインも取得しよう

サーバーにアップの練習用であればレンタルサーバーが用意しているドメインを使用すれば問題ありませんが、ポートフォリオやブログやサービスなどは必ず独自ドメインは取得しておきたいところです。

レンタルサーバードメインと独自ドメイン

独自ドメインの取得には毎年費用が掛かってきますが、前述している「ロリポップ!」「エックスサーバー」にはそれぞれドメインサービス内でドメインが無料(各レンタルサーバーを使用中)になるサービスが提供されていますので、レンタルサーバーの契約時に同時にドメインも契約しておきましょう。

この記事のまとめ

迷わせない!Webデザイナーが使うべきタイプ別レンタルサーバー2選のおさらい

タイプ別に選ぶレンタルサーバーは2つ
ロリポップ!(Webデザイン初学者向け)
  • 「業界最安」なので手軽に試せる
  • 「管理画面」が優しい設計で使いやすい
  • 選択基準の「無料の独自SSL機能」がある
エックスサーバー(Webデザイン経験者向け)
  • 「動作・表示を高速化」でサイト価値を生む
  • アクセス集中時も「サイト安定表示」で不安なし
  • 選択基準の「無料の独自SSL機能」がある

ユウジの体感コラム

本コンテンツでも述べさせていただきましたが、レンタルサーバーは数多くありどのレンタルサーバー会社のサーバーと契約をすべきなのか迷います、悩みますね。

ひとつひとつレンタルサーバープランの仕様を比較していくととても時間が掛かってしましますので、個人で使うのであれば「ロリポップ!」「エックスサーバー」の2種類で問題ないと思います。

著者も色々なレンタルサーバーを使用してきて、有名なレンタルサーバーはどこも似たり寄ったりかなという印象を受けます。あとは、キャンペーンの有無で選択するとかですかね。

レンタルサーバーに迷っている時間があればWebデザインのスキルアップに使いましょう。

おすすめの就職・転職エージェント