Webサイトリニューアルのためコンテンツマップの作り方と使い方

Webサイトのリニューアルにはコンテンツマップが必要です。ここではコンテンツマップが必要な理由とサイトリニューアルのためのコンテンツマップの作り方を解説します。
これで正しいコンテンツマップが作れるようになります。

なぜコンテンツマップが必要というのか?

コンテンツマップとはWebサイトがどのようなコンテンツで構成されているのかを把握するために可視化した図です。

他の企業などではサイトマップと呼ぶところもありますが、当サイトではコンテンツマップで統一します。

ちなみにサイトマップと呼ばれるものは、サイト内のページをユーザーに伝えるHTMLのサイトマップ検索エンジンに読み込んでもらうXMLのサイトマップがあります。

ではWebサイトリニューアルにおいて、なぜコンテンツマップが必要か?というとWebサイト内のページ(コンテンツ)が把握できてページにページ(コンテンツ)の追加・削除を共有できるためです。

新規のWebサイト構築であれば、コンテンツマップがなくても問題ないかもしれません。しかし、Webサイトのリニューアルであれば現在コンテツ状況を把握していなければ、ページの削除や追加が難しいと考えています。

コンテンツマップの作り方

Webサイトリニューアルのおいての作成の流れを頭に入れておきましょう。

  1. 現行のコンテンツマップの作成
  2. リニューアルのコンテンツマップへの改修

ひとつずつ解説をしていきます。

1.現行のコンテンツマップの作成

Webサイトリニューアルをする際に現行のコンテンツマップを作成します。
現行マップの作り方は下記の通り

  1. Website Explorerでサイトデータの一覧をテキストデータ化
  2. エクセル、Googleスプレッドシートでコンテンツマップを書く

Website Explorerでサイトデータの一覧をテキスト化

現在本番にアップしているページをコンテンツマップに書き出せば良いのですが、Webサイトを1ページずつ見ながら作っていくと時間がかかってしまいますので一括でコンテンツマップの元になるサイトデータの一覧をテキストに落とし込めることが望ましいです。

落とし込むためにはWebサイト調査ツール「Website Explorer」を使います。

Website Explorer」はリンク追跡機能により指定されたウェブサイトを探査し、その階層構造とファイル構成をエクスプローラ形式で表示するソフトです。
(「Website Explorer」はWindows版のみでありMac版は類似サービス「SiteSucker」とか使うとよいでしょう。)

インストールできましたらソフトを立ち上げてURL欄にURLを入れて[開始]をクリックして完了するまで待ちます。

読み込みが終わるとディレクトリ構造が表示されます。(著者は一括で構造化できることに驚きました。)

調査結果が出たら[ツール]→[階層マップの作成]をクリックします。
「階層マップの作成」の設定で下記の図のように設定してください。

作成が完了するとエクセルファイルが立ち上がります。

エクセル、Googleスプレッドシートでコンテンツマップを書く

エクセルにファイル一覧をテキスト化にしたら、参考にしながらコンテンツマップに書き起こしていきます

書き起こす時は、imageフォルダ、CSSフォルダ、JSフォルダはページの構造を把握するのでコンテンツマップには不要です。

グループ分けに注意して、コンテンツマップの各階層になるカテゴリーやコンテンツごとにかき分けて行きます。
作るツールは、エクセルでよいでしょう。

2.リニューアルのコンテンツマップへの改修

完成した現行サイトのコンテンツマップを元にリニューアル案を書き込んで行きます。
ペルソナを活用してユーザーシナリオからサイトコンテンツを導き出す方法」で作ったユーザーシナリオの「改善策」欄を元に必要なページを入れていきます。
コンテンツマップのサンプルを作成しましたので参考に確認してみて下さい。

上記のボタンからzipファイルがダウンロードされます。

上記のコンテンツマップシートのエクセルファイルのシートには何も書いてない「テンプレート」と「例題:架空のクレジットカードサイト」が入っています。

このファイルはWindowsのMicrosoft Office 365 のExcel(エクセル)で作成しています。お使いのPCやofficeによっては表示が崩れる場合がありますので、ご了承下さい。

この記事のまとめ

Webサイトリニューアルのためコンテンツマップの作り方と使い方のおさらい

なぜコンテンツマップが必要というのか?
Webサイトがどのようなコンテンツで構成されているのかを把握するために可視化した図です。
コンテンツマップの作り方
  • 作る方は2つのステップに分けられます。
    • 1.現行のコンテンツマップの作成
    • 2.リニューアルのコンテンツマップへの改修

ユウジの体感コラム

現場に出て最初に振られた案件がコンテンツマップでしたね。
この記事を書いていて思い出がよみがえりました。上司に作業が遅すぎと怒られたこととか。

その当時は、コンテンツマップの作り方とかポイントなど書いているサイトとかありませんでしたので、分かりやすく解説された情報があったら良いなという気持ちで書きました。

担当する業種としてはWebディレクターになるかと思いますが、Webデザイナーでも担当する場合もありますので必要になった時にでも参考にしてもらえたらと思います。

Webサイト制作実践ガイド

「Webサイト制作実践」カテゴリー内ページではお好きなページから読んでも問題ありませんが、ステップ順に読んでいただけるとより理解できるようになります。