未経験からWebデザイナーになりたい初心者が抱える不安とその解決法【実体験】

※このページでは広告のリンクを含みます

Webデザインの世界に飛び込む初心者にとって、不安や疑問はつきものです。この記事では、未経験からWebデザイナーを目指す方が抱える主な不安とその解決法について詳しく解説します。
必要なスキルの習得方法から、そして実際の仕事に役立つヒントまで、初心者が安心してステップアップできるためのガイドを提供します。Webデザイナーへの第一歩を踏み出すための必読記事です。

Webデザイナーになれるか不安な方へ

Webデザイナーを目指してWebデザインを学習していると、誰もが一度は「このままでWebデザイナーになれるのか?」と不安に思ったことがあるでしょう。著者も何度もそのように感じましたし、Webデザイン初心者からの相談を受けることも多くありました。

この記事では、Webデザイナーになれるか不安な方に向けて、過去に相談された質問内容を以下の5つにまとめてお答えします。

  • 何から始めれば良いかわからない
  • センスがないとデザイナーになれない
  • 仕事が見つからない
  • スキルアップが難しい
  • 挫折してしまう

ひつつずつ説明していきます。

何から始めれば良いかわからない

Webデザインに興味があるけど、何から手をつければ良いのか全くわからない。具体的にどんなスキルやツールから勉強を始めるべきか教えて。あと、初心者向けの学習方法やおすすめの教材があれば知りたい。

これは、ほとんどのWebデザイナー志望者が最初に感じる疑問だと思います。著者も最初は、ただ自宅にインターネットを開通させるだけで、他には何も用意していませんでした。

まず、最低限用意する環境は下記の通り

  • パソコン(制作マシン)
  • Adobe Creative Cloud(アプリケーションソフト)
  • レンタルサーバー(サーバーのアップ練習、ポートフォリオ)

パソコンについては、WindowsかMacか、デスクトップかノートかで悩むところですが、当サイトではWindowsマシン(シェア率が高い!)でデスクトップ(ノートより安い)を推奨しています。

「Adobe Creative Cloud」はプロを目指すのであれば必須です。定額料金がかかりますが、契約することをお勧めします。

レンタルサーバーは、サーバーアップの練習やポートフォリオの作成に必要です。

詳細は「Webデザイナーに必要なパソコンとソフトウェアはプロ仕様をオススメする理由」について記載していますので、よかったらどうぞ。

センスがないとデザイナーになれない

よく「デザイナーにはセンスが必要だ」と聞くが、自分は特別なセンスがないかも。デザインのセンスがないと本当にWebデザイナーになるのは難しい?デザインセンスを磨く方法や、センスに自信がなくてもできることがあれば教えて

デザインとセンスの関係性は多くの場所で語られている話題です。個人的な見解としては、Webデザイナーはセンスの有無に関係なくやっていけると考えています。

デザインセンスは、「Awwwards」「CSS Design Awards」「FWA」などのWebデザインアワードで受賞するためには重要ですが、業務でのWebデザインはまた別の領域です。

まず、デザインセンスに不安を感じる前に、デザイン理論を学び、実践を繰り返すことでWebデザイナーになれますので、心配せずに学習を続けましょう。

仕事が見つからない

Webデザイナーとして仕事を見つけるのが難しいとよく聞く。実際に未経験からスタートして、どのようにして仕事を見つければ良い?就職活動のコツやフリーランスとしてのスタート方法についてアドバイスがあれば教えて

未経験からフリーWebデザイナーとして独立することを勧める人もいますが、おすすめしません未経験ではWeb制作会社に就職することを推奨します。

仕事の進め方やクライアントとのやり取り、Webデザインのクオリティなど、すべてにおいて経験不足のため、仕事を見つけることが難しいのは当然です。

まずはWebデザインの学習が完了したら、転職エージェントを活用しましょう。初めてWeb業界へ転職する場合、業界知識やノウハウがないので、転職エージェントに相談して進める方が効率的です。

詳細は「未経験からWebデザイナーになるために転職エージェント・求人サイト紹介と活用方法」について記載していますので、よかったらどうぞ。

スキルアップが難しい

現在勉強を始めたけど、スキルアップがなかなか難しい。効率的にスキルを上げるためにはどんな方法がある?継続して学習するためのコツや、役立つ学習リソースがあれば教えて

Webデザインも他の学習と同じで、すぐに期待した効果が出ることはありません。スキルアップは難しいですが、効率的な学習方法は存在します。

効率的な学習方法は以下の通りです。

  • アンテナを貼る
  • アーカイブを作る
  • デザイン模写をする
  • 反応を見てもらう
  • 書籍で学ぶ

詳細は「「超」効率的なWebデザインのスキルアップ方法5選を紹介します」書いていますので、是非読んでみてください。

挫折してしまう

何度か勉強を続けているうちに、挫折してしまいそうになります。モチベーションを保つ方法や、挫折しないためのアドバイスがあればぜひ教えて。

Webデザインの学習は、デザインからコーディングまで幅広い知識が必要です。

デザイン一つ取ってもデザイン理論やWebデザインのセオリー、コーディングに関してはマークアップとCSSの装飾作成など、幅広い分野があり、それぞれで頭の使い方が違うと思います。

一つの項目(例えばデザイン)で行き詰まりを感じたら、挫折する前に違う項目(例えばコーディング)に取り組むと良いでしょう。

また、モチベーションを保つ方法は個人の考え方や、Webデザイナーになりたい目標・目的によって異なります。著者の場合、Web業界に入りたいという強い目的があったので、暇な時にはWeb制作会社の紹介している書籍を何度も読み返していました。

下記のページで自身がWebデザイナーになった時を想像、妄想してみてもよいでしょう。

この記事のまとめ

未経験からWebデザイナーになる過程で不安にならない人はいないと思います。不安になる要素をまとめました。

未経験からWebデザイナーになりたい初心者が抱える不安とその解決法【実体験】のおさらい

何から始めれば良いかわからない
まず、最低限用意する環境は以下の通りです。
  • パソコン(制作マシン)
  • Adobe Creative Cloud(アプリケーションソフト)
  • レンタルサーバー(サーバーのアップ練習、ポートフォリオ)
センスがないとデザイナーになれない
Webデザイナーはセンスの有無に関係なくやっていけます。
仕事が見つからない
未経験ではWeb制作会社に就職することを推奨します。
スキルアップが難しい
効率的な学習方法を下記の通りです。
  • アンテナを貼る
  • アーカイブを作る
  • デザイン模写をする
  • 反応を見てもらう
  • 書籍で学ぶ
挫折してしまう
一つの項目(例えばデザイン)で行き詰まりを感じたら、挫折する前に違う項目(例えばコーディング)に取り組むと良いでしょう。

ユウジの体感コラム

著者もWebデザインの学習をする時、何を教科書として学べば良いか迷いました。学習中に行き詰まり、調べてもわからず、不安だらけでした。

Webデザインの通信講座(当時はホームページデザイナー)を受講したり、Webデザイナースクールに通ったりしましたが、著者の場合はWebデザイナースクールが性に合っていました。疑問・不安があってもすぐに解決できる環境や、仲間との競争心がWebデザインのスキルを身につける助けになりました。

人それぞれだと思いますが、この記事が不安の解決の糸口となることを願っています。

おすすめの就職・転職エージェント[広告]