WebデザイナーになるためにはWebデザインスクールか独学のどっちが良い?

Webデザイナーになるための学習方法は大まかに2つあります。ひとつはWebデザインスクールに通って現場を知っているプロのWebデザイナーから直接教えてもらうこと。もうひとつは書籍やネット、オンラインサービスを使った独学で行うこと。
Webデザインスクールと独学のメリットとデメリットでどちらが良いでしょうか?

WebデザイナーになるにはWebデザインスクールが良い

まず結論から述べるとWebデザイナーになるにはWebデザインスクールが良いと著者は考えています。

理由は、スクールだと短期間で必要スキルを習得かつ、現場を知っている講師と関われることができるのがWebデザインスクールの魅力です。プロになる近道はプロの人と直接話ができること、質問できる環境に身を置くことです。最短でWebデザイナーになるにはWebデザインスクールを活用することです。

詳しくは、下記のWebデザインスクールで学ぶことと、独学することのメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。
著者は独学とWebデザインスクールの両方を経験してきたので、その経験をもとに述べてみたいと思います。

Webデザインスクールで学ぶメリット

最短でWebデザイナーになる方法はWebデザインスクールだと断言できます。その理由として次の3点を挙げられると思います。

  • 短期間で必要スキルの習得ができる
  • 同じ志を持った仲間に会える
  • 現場を知っている講師で現実を知れる

短期間で必要スキルの習得ができる

Webデザインスクールの良さはWebデザインを習得するためのカリキュラムが存在していることです。

それは現役のプロのWebデザイナーがいま現場に使われている制作スキルを組み込んでカリキュラムとして提供しているところにあると思います。なので過不足なく短期間で必要なスキルを身につけることが可能になります。

同じ志を持った仲間に会える

WebデザインスクールにはWebデザイナーになりたいという志を持った人たちが集ってきます。
決して安くない金額を支払って学びにきているので、真剣度が違います。まわりの情熱が違います。

また、スクールに通っている人の中には紙の現職デザイナーや他業界の営業などいろんなバックボーンを持った方もいますので、Webデザインクールの講義内容以外にも学ぶものはたくさんあります。

著者の通ったWebデザインスクールは完全な講義形式だったので毎週講義後に居酒屋でデザインについて語っていたのは良い思い出です。当時は、デザインの何も分かっていませんでしたが学んだことや意見をWebデザインスクールの仲間にぶつけてアドバイス等をもらっていました。
あの頃の情熱はスゴいものがありました。

現場を知っている講師で現実を知れる

教えてくれる講師は現役のWebデザイナーがほとんどだと思います。
現場を知っている講師がWebデザインのトレンドや仕事のすすめ方など近い将来自分自身がなりたい姿を見せてくれるので学ぶモチベーションにもなります。
そして、わからないことを直接教えてくれて、自分に足りないもの(現実)を知ることができます。

詳細は「現役WebデザイナーがオススメするWebデザインスクールと選ぶポイント」で解説しています。

Webデザインスクールで学ぶデメリット

Webデザインスクールで学ぶデメリットについても言及してみたい。デメリットと感じているのは次の3点になります。

  • 高額な費用が必要になる
  • 時間の調整が必要になる
  • Webデザインスクールの雰囲気に合わない場合がある

高額な費用が必要になる

スクールに通うには入学金と受講料、教材費などで合計30万円~70万円ぐらいは必要でしょうか。
フィットネスジムみたいに月額1万円ぐらいで気軽に通えたらとてもありがたいなと思ってしまいますが、数十万の用意をしなくてはいけません
社会人であれば1年もあればなんとかお金の工面ができると思いますが学生にとっては厳しい状況になってくるのでしょうか。

ちなみに、著者は6か月間で50万円はしたと思います。その時は社会人で毎月のお給料とボーナスを注ぎ込んで通いました。高い費用でしたが、これでやっと目標としていたWebデザイナーになれるのなら安いなと思っていました。

時間の調整が必要になる

Webデザインスクールに行く時間、受講する時間の調整が必要になります。
今の仕事が忙しかったり、子どもがいる家庭を持っている方にとって毎週決まった時間を作れることが難しい場合、通うための時間を捻出しなければなりません

Webデザインスクールの雰囲気に合わない場合がある

Webデザインスクールごとの受講システムがありますので自分に合う合わないが出てくると思います。
受講システムだけではなく、講師やスタッフといったWebデザインスクール全体の雰囲気に合わない場合もありますので何も調べずに入金、入会しまってから後悔する人も少なからずいます。
まずは、資料請求や無料体験講座を受講することをオススメします。

独学するメリット

独学でもWebデザイナーになることが可能です。
著作も独学をやっていた時期がありましたので独学ならではのメリットを挙げておきます。

  • 少額からの学習ができる
  • 自分のペースで学習ができる

少額からの学習ができる

独学の学習方法は書籍とネットですので、費用を少額に抑えることができます。
ネットを探し回ればすべて無料で学習することも可能ですが、最低限書籍に費用をかけたいところ。
書籍は、体系化されており、編集に複数の人たちが関わっているので情報もある程度は担保されています。

また有料(一部無料)になりますが「Udemy(ユーデミー)
」「ドットインストール」「Progate(プロゲート)」などオンラインサービスでもWebデザインスクールと比べたら格安です。

学習サービス(Udemy・ドットインストール・Progate)を使うのもオススメです。

著者がWebデザインを学習していた時は、上記のオンラインサービスがなかったので当時もこんなのがあったら良いのになと思いますね。

自分のペースで学習ができる

独学は自分が立てたスケジュールに沿って行えば良いので自分のペースで学習できることが利点です。
現在仕事をもっていて、転職を考えている人には独学が合ってると思います。

Webデザイナーになるための要素が非常に広範囲なため学びたい項目に力を入れたりと自身の習得レベルに合わせて学習ペースを変更できるのも独学の利点だと言えます。

詳細は「現役Webデザイナーが独学による学習方法を全力で考えた【2020年版】」で解説しています。

独学するデメリット

つづいて独学のデメリットを挙げてみます。

  • モチベーションが続かない
  • 不明点を聞くことができない
  • 終着点がわからない

モチベーションが続かない

基本的に独学は一人で行うものなので、Webデザインの学習スケジュール、時間を確保していても学習していてもしていなくても誰にも指摘されないので、危機感が生まれモチベーションが続けることは難しいです。

著者もWebデザインスクールに通う前、同じ志を持った仲間がいない中でモチベーションを切らしてしまった瞬間がありましたが、当時の会社(営業職)がどうしても嫌だったので早くここから抜け出すにはここで立ち止まってはいけないと自分自身をふるい立たせてやっていました。

不明点を聞くことができない

Webデザインスクールに通っていても、独学でやっていてもが必ず分からないところが出てきます。
その時にWebデザインスクールに通っていれば、講師やWebデザインスクール仲間に聞くことができますが、独学の場合は、一人で解決しなければなりません。最悪、「分からないところが分からない」ということも出てくると思います。

自分で解決していくことは基本ですが、分からないところをすぐに聞くことができない環境は独学の代表的なデメリットと言えます。

終着点がわからない

Webデザインスクールでは3か月間、または6か月間をひとつの講座としてカリキュラムが組み込まれており、どこまで何を学習すればよいかと明確になっていますが、独学は何をどの程度まで学習すれば就職までのレベルになるか終着点がわからないことがデメリットと言えます。

この記事のまとめ

WebデザイナーになるにはWebデザインスクールが良いと結論を述べましたが、スクールと独学のそれぞれのメリット、デメリットを頭に入れて自分の性格に合いそうな方法を選択してください。

提案として始めに3か月くらい独学でやってみていろいろな状況を踏まえてWebデザインクールに通うということもいいかもしれません。

WebデザイナーになるためにはWebデザインスクールか独学のどっちが良い?のおさらい

Webデザインスクールで学ぶメリット
  • 短期間で必要スキルの習得ができる
  • 同じ志を持った仲間に会える
  • 現場を知っている講師で現実を知れる
Webデザインスクールで学ぶデメリット
  • 高額な費用が必要になる
  • 時間の調整が必要になる
  • Webデザインスクールの雰囲気に合わない場合がある
独学するメリット
  • 少額からの学習ができる
  • 自分のペースで学習ができる
独学するデメリット
  • モチベーションが続かない
  • 不明点を聞くことができない
  • 終着点がわからない

ユウジの体感コラム

著者は、1年間独学でやってみてまったく力になっていない、これでは転職活動できないと判断してスクールに通うことにしました。

一番、スクールに行って価値があったことはスクール仲間の存在です。同じ目標をもってWebデザインを学ぶ環境というのは最高に刺激的でした。元来の負けず嫌いというのもあり、仲間に負けないようにより吸収して、より素敵なWebサイトをつくりたいという気持ちでやっていました。

自分で費用を払ったのと自分の好きな事を学んでいることに、学生の頃にイヤイヤで勉強していたことが学費を卒業まで払っていた親に対して申し訳ない気持ちにもなりました。

希望だけしかなかったのでスクールの時代のころの思い出が純粋に楽しかったなと思いますね。Webデザイナーになりたてのお話はまたの機会で…