現役WebデザイナーがオススメするWebデザインスクールと選ぶポイント

未経験者がプロのWebデザイナーになるためのスキルを身につける最善の方法はWebデザインスクールに通うことだと考えています。ここではスクールで学ぶことが最善の理由とオススメのスクールを紹介しています。
ここで自分に合ったスクールを見つけてください。

なぜ、Webデザインスクールに学ぶことが最善のなのか?
著者が考えるWebデザイナーになるための最善はスクールにて学ぶことだと考えています。

その理由としては下記のとおりです。

  • 現役のプロが教えているか
  • デザインを教えてくれるか
  • 転職・就職サポートがあるか

これは著者自身が独学に等しい通信教育とスクールで学んだ経験を通して感じたことになります。
スクールだとカリキュラムが存在しており、業界の動向によってカリキュラム内容が変更になっていくので必要なスキルの習得が身につくことができます。

スクール詳細な解説については「WebデザイナーになるためにはWebデザインスクールか独学のどっちが良い?」に書いてありますのでよかったらどうぞ。

スクールを選ぶポイント

Webデザイナーのなるためのスキルを教えてくれるスクールはとても数が多いのが悩みどころで、かく言う著者もスクール選びには悩みました

スクール経験者として語れるスクールを選ぶポイントは次の3つです。

  • 現役のプロが教えているか
  • デザインを教えてくれるか
  • 転職・就職サポートがあるか

ひとつずつ解説していきます。
自身の選択基準に合わせてスクール選びの参考になれば幸いです。

現役のプロが教えているか

デザインの分野以外にもいえることなのですが、どんな分野でもその道のプロから学ぶことが重要です。
参考書に書いてあることと現場で使える技術やテクニックは少し違います。基本は参考書の通りで行うものですが、時間短縮などの現役のプロは使っています

カリキュラムでは基本を元にしていますが、現場で通用するテクニックも織り交ぜながら教えてくれることもありますのでやはり現役のプロが教えているスクールを選定する際の材料にしたいです。

また最低限、現役でなくてもスクール運営社内で研修を受けた講師がいるスクールを選んでいきましょう

デザインを教えてくれるか

Webデザインスクールの中にはPhotoshopやIllustratorなどのデザインができるアプリケーションソフトの使い方に終始しており肝心のデザインを教えていないところもあります。デザインの理論は一人で学ぶことはできますが、自身がデザインしたものに対してアドバイスをもらえるところがスクールの良いところです。

Webデザイナーとしてデザインができるようにスクールに通ったのに、デザインのことが全くできませんでしたという笑えない話にならないようにしたいです。

転職・就職サポートがあるか

転職・就職をサポートしてくれるサービスがあるととても心強いです。在籍中からWeb業界の採用状況などを気楽に教えてもらえるし、スクールの卒業生に転・就職活動した実体験を直接聞くことも可能です。

昨今、転・就職サポートをしてくれるスクールが多くなっている中、サポートの内容も必ず確認しておきたいところです。
例えば、運営している企業に直接採用してもらえたり、デザイナーになるまで支援してくれるところもあります。一方就職が出来た場合に支援金をもらえたりするところもあるのでスクールを選ぶポイントにもなるでしょう。

オススメするWebデザインスクール

緊急事態宣言に伴い自宅で学ぶ必要がありますが、通学制をとっているスクールでもオンラインで授業を受けることができる体制に切り替えています。
オンラインでは自分の思い通りに学習スケジュールが立てられるので、どんな人でも授業を受けることができるのが良いですよね。

また、自宅等にいながらも講師とオンライン対面できますので、分からない点があれば聞くことが可能です。

オススメするオンラインWebデザインスクールは次の4つです。

ひとつずつ見ていきましょう。

デジタルハリウッドSTDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

第一線の制作会社のクリエイターが講師

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
」はWeb業界では話題となるコンテンツメーカーでありかつ、デザインアワードを受賞している有名なWeb制作会社のLIGと大手スクール「デジタルハリウッド」が共同運営をしているWebデザインスクールです。

  • Web制作会社LIGが運営のためWeb業界の最新情報を教えてくれる
  • スクール卒業生をLIGに積極採用している
  • 併設のコワーキングスペースをいつでも無料で使える

Web業界の最前線を行っているWeb制作会社のLIGが、Web業界の最新情報を提供してくれるのが強みです。
他のWebデザインスクールでも個々の現役プロが教えてくれるところもあります。しかし、Web制作会社がバックアップしてくれているため情報の量も質もクオリティが高いです。

また、デジタルハリウッドSTDIO by LIGの卒業生を積極採用しているので、LIGの入社を狙っている人にとっては戦略的でスクールに通ってみるのもひとつの手段ではないでしょうか。

入学の特典として、LIGが運営するコワーキングスペース(通常1DAY利用は2,000円)が無料で利用できたり、受講する教室も利用できます。

授業形式 動画配信と直接指導
コース Webデザイナー専攻
授業料 495,000円(税込)
期間 6ヶ月
場所 上野、池袋
転・就職支援
  • 指定の求人サイトで就職すると現金20万円がキャッシュバック
  • スクール卒業生をLIGに積極採用
  • 採用担当者を招いたオーディションを毎年開催

TECH CAMP デザイナー転職

TECH CAMP デザイナー転職

必ずWebデザイナーになれる

TECH CAMP デザイナー転職
」は未経験から10週間でプロのデザイナーを育成するWebデザインスクールです。

  • 14日間までの無条件の返金制度がある
  • 十分に研修・経験をした講師に質問し放題ができる
  • 600時間を超える充実した教育プログラムで即戦力に育つ

600時間でプロのデザイナーに育成するためのカリキュラムが用意されています。これは、他のWebデザインスクールよりも短期かつ長時間の学習スタイルを求められます。
特に学習コースの短期集中型は1日10時間×週6日で行うため、受講する側も生活スタイルをWebデザインの学習に変えなければなりません。

ただ、学習内容はマーケティング、デザイン、コーディングと個人でも稼げるスキルの習得を提供してくれますので、Webデザイナーになるための熱い気持ちがある人には向いているでしょう。

就職面でもキャリアアドバイザーが転職決定するまでサポートし続けてくれるので心強いです。もし転職できなければ全額返金制度があるところを見るとスクールの本気度を感じることができます。

入会してもスクール内容に納得がいかない場合、14日間までであれば返金制度(無条件)があります。

一度自分に合うかどうか、無料でカウンセリングをしてもらえるので少しでも興味があれば相談してみてはいかがでしょうか

授業形式 個別指導とオンライン対話
コース 転職コース、副業・フリーランスコース
授業料 657,800円(税込)←短期集中×オンラインプラン
※他にも「短期集中×通学プラン」「夜間・休日×オンラインプラン」「夜間・休日×通学プラン」があります。
期間 10週間
場所 渋谷
転・就職支援
  • デザイナーとして就職できるまで教育するので転職が決まる
  • デザイナーとしての転職が成功しなかった場合の全額返金制度がある
  • 就職後も半年間であれば無料でキャリア相談が可能

CodeCamp

CodeCamp

満足度96.6%のマンツーマンレッスン

CodeCamp
」は現役プロが講師陣を務めるオンラインでマンツーマンレッスンが受けられるWebデザインスクールです。

  • 厳正な選考を通過した講師が教えてくれる
  • レッスンごとに講師を選ぶことができる
  • 毎日7時〜24時まで時間・場所を選ばずに学習できる

講師は「通過率10%の厳しい採用試験」をクリアした現役プロに個別指導が受けられるのが魅力です。現役プロでも教えることはまた別のスキルが必要ですから。

学習内容は、IllustratorとPhotoshopでの使い方、HTML5コーディング、JavaScriptの実装など一通りのWeb制作に必要なスキルを習得できます。習得したスキルで観光情報サイトやカフェのサイトの制作する課題があります。

また、就職面のサポートとして提携エージェントによる支援があるのも心強いです。
費用面も6ヶ月で298,000円と他のスクールと比べて格安というのも選択肢に入ると思います。

無料で体験レッスンを受けれますので、自分に合うスクールなのか試してみてはいかがでしょうか。

授業形式 オンライン個別指導
コース デザインマスターコース
授業料
  • 2ヶ月プラン:165,000円(税込)
  • 4ヶ月プラン:275,000円(税込)
  • 6ヶ月プラン:330,000円(税込)
入学金 33,000円(税込) ※全プラン共通
期間 2、4、6ヶ月プラン
場所 自宅(オンライン)
転・就職支援
  • 企業からの内定獲得でAmazonギフト券(1社につき3,000円分)
  • 現役デザイナー講師へ気軽に相談ができる
  • CodeCamp提携エージェントによる支援がある

TechAcademy

TechAcademy

e-ラーイング大賞での教育特別部門賞受賞の実績のある教育システム

TechAcademy
」はe-ラーイング大賞での教育特別部門賞受賞の実績のあるWebデザインスクールです。

  • 現役Webデザイナーが講師
  • 初回カウンセリングで個々にあったトレーニングメニューを設定してくれる
  • 週2回のマンツーマンレッスンでスキルアップ

学習スタイルは、カリキュラムと呼ばれる入会者限定のWebサイトのテキストを読み込み、手を動かして実践コードを書いていきます。
その学習過程で理解できないところがあれば、メンターと週2回のマンツーマンのビデオチャットで教えてくれます。

学習内容はWebデザインの原則、ワイヤーフレーム作成、画像加工、HTNL5/CSS3、Javascriptなどの習得と通してオリジナルのWebサイトが制作できるようになります。

課題レビューも回数無制限と自分自身の成長進捗に合わせて講師が付き添ってくれるので分からないままカリキュラムが先に進むことはありません。安心して学習に向き合えます。

オンラインレッスンの無料体験を行っていますので、レッスンが自分に合うのか試せます。
オフィシャルサイトには「プログラミング無料体験」となっていますが内容はHTML・CSS・JavaScriptといったWebデザイナーの必要スキル範囲なので無駄にはならないと心配なく体験してみることをオススメします。

授業形式 オンライン個別指導
コース Webデザインコース
授業料
  • 4週間プラン:社会人174,900円(税込)/学生163,900円(税込)
  • 8週間プラン:社会人229,900円(税込)/学生196,900円(税込)
  • 12週間プラン:社会人284,900円(税込)/学生229,900円(税込)
  • 16週間プラン:社会人339,900円(税込)/学生262,900円(税込)
期間 4、8、12、16週間プラン
場所 自宅(オンライン)
転・就職支援 学習と平行して転職活動ができる受講生限定の無料サービスがある

スクール選びで大事なひとつのこと

Webデザインスクールで学んでいくには決して安くはない費用をかけて必要がありますので、どのスクールに通うか迷う方もいると思います。実は著者はスクール選びに時間をかけてしまった経験があります。

Webデザインスクールで通うことが目的ではなく、プロのWebデザイナーになるための手段です。ネット内だけで比較検討するのではなく、まずは「無料体験や無料相談に行ってから考える」ことがスクール選びで大事なことだといえます。

無料体験や無料相談に参加してみて、窓口の担当者に色々と質問をしてみて判断することをオススメします。
ひとつのスクールだけでなく比較検討できるように気になったスクールの無料体験や無料相談に参加してみましょう。

この記事のまとめ

この記事を簡単にまとめてみると下記のとおり。

現役WebデザイナーがオススメするWebデザインスクールと選ぶポイントのおさらい

Webデザインスクールに学ぶことが最善な理由
  • 短期間で必要スキルの習得ができる
  • 同じ志を持った仲間に会える
  • 現場を知っている講師で現実を知れる
スクールを選ぶポイント
  • 現役のプロが教えているか
  • デザインを教えてくれるか
  • 転・就職サポートがあるか
オススメするWebデザインスクール
スクール選びで大事なひとつのこと
無料体験や無料相談に行ってから考えましょう。

ユウジの体感コラム

本文でも述べましたが、Webデザインスクールを選ぶ時にえらく悩みましたね。問題はやっぱり50万の費用を使って本当にWebデザイナーになれるのか?というものでした。
社会人になって半年、自分の給料を貯めた大金を支払うことに躊躇もありましたね。

しかし、スクールの体験授業が面白かったことが決め手となりました。ここでならWebデザイナーになれるという確信というよりも、こんな自分の好きなWebデザインをたっぷりと教えてくれるんだという「楽しみ」でしたね。
たしかにスクールはWebデザイナーになるための手段でしかありませんが、「楽しみ」ながら学べるスクールがあったらそれって最高&最強ですよね。ともあれ、無料体験を通してスクールに入会を決めることになりました。まずは動いて調べるっていうことが大切とお伝えしたいですね。

著者が通ったWebデザインスクールは既に無くなっており残念の極みですが、きっとこのコラムを読んでいただいているあなたにも自分に合うスクールがあるハズと思いますので頑張ってください!!